宮古島の観光情報・イベント情報・グルメ・お土産まで。地元宮古島のローカル情報は「島の駅みやこ」にお任せ!

島の駅みやこ Facebook 島の駅みやこ Instagram
  • ホーム
  • 宮古島のものづくり力! あしたの農業

宮古島のものづくり力! あしたの農業

宮古島のものづくり力!


カンタン♪手間ナシ♪そのままポン!
サラダパクチー

  農業生産法人 ㈱あしたの農業 代表 岡田雄二さん (平良地区)

 <岡田さんプロフィール>
主な農産物:ショウガ、かぼちゃ、葉野菜

今まで誰もやらなかったことにこだわり続けたい

“あしたの農業”を作りましょうというコンセプトと、
農業分野の機械化は特に遅れているからこそ、できるだけ省力化農業をめざして
この会社を作りました。 

――宮古島で農業をはじめたきっかけ


岡田さんは、宮古島でマンゴー栽培がしたくて来島。
現在は、かぼちゃ300t程度の取り扱いと葉野菜類の生産販売を行っています。
「たいがい失敗が多いですがね(笑)」と大きな夢と日々の挑戦を気負うことなく、淡々と話して下さいました。

――現在の生産は「パクチー」


 パクチーは、パクチー専門レストランも出来るほど、人気急増中の葉野菜。
一言でパクチーといっても300種類もあるそうで、あしたの農業では
ヨーロピアン系のサラダパクチーに取り組んでいます。
かぼちゃ同様に販売者のリクエストを受けてからの生産。
そのため、本人としては、実のところ香りの強いパクチーは苦手なようです。。

――省力化農業への挑戦


 現在の栽培面積は、30アールですが、ピーク時には50アールほどまでに。
堆肥、播種、植え付け、かん水チューブを使わない散水方法、防除散布、刈り取り、選別まで、すべての工程に機械が何かしら関わっています。

省力化農業を目指している岡田さんは、
「出来るだけロボット化したい。新しいものを導入し、
人間にしか出来ないところとすみ分けたい」

GPSの精度向上に伴うGPSを活用したトラクター作業も将来の夢の一つだと語っています。

今後、農業の高齢化が進んでいく中「あしたの農業」の省力化は、注目したい実例の数々です。


宮古島で誰も作ったことがない作物。誰もが思いつかなかった商品。

次々と変化していく様が面白い、あしたの農業に今後も期待せずにいられません。 


葉野菜を刈り取る機械播種の機械(左側)と
播種の動画



散布機(ホースが伸びる)
動画
散水機(車で牽引する)
使い捨てのかんすいチューブを使わずに水をまける
動画


※機械動画に関心のある方は、あしたの農業FBでも動画紹介しています。




あしたの農業 会社のマークは戦国時代の
異端児・織田(信長)家の家紋から。
商品に付いているシールは、
ショウガを広めた
大航海時代のヴァスコ・ダ・ガマ。

島の駅みやこ宮古島本店 島の駅みやこ宮古島本店

島の駅みやこ宮古島本店営業時間

通常 9:00~19:00
(夏季 9:00~20:00)
★年中無休

アクセスMap
わくわく市 島の駅新聞アーカイブ 島の駅リンク集 宮古島 文化リンク トリップアドバイザー

© 2016 島の駅みやこ